現実的な脱毛法

高度で脱毛効果の高い脱毛施術を受けることができるなら悩みも少ないのですが、いの一番に医療脱毛の施術を受けることは勇気とお金と時間が要りますし、長々と通院できない学生や多忙な社会人にとってはなかなか難しいでしょう。そこで、現実的な脱毛法と心がけをご紹介します。やむを得ずカミソリを用いるのですが、しっかりと手順を守り、カミソリ負けを起こさないようにすることが肝要です。まず、温めた蒸しタオルを剃る範囲にあてて、毛穴を広げます。また、この時、毛質を柔らかくします。これにより、剃り落とすことのできる毛量が増えます。次に、シェービングローションをムラなく塗布します。ジェル状、泡状どちらでも結構です。

カミソリまた、清潔な新品カミソリで、毛の流れに沿って剃ります。剃り落としきれない毛のみ、毛の流れに逆らって剃ります。ただし、何度も同じ部位にカミソリを当てると肌が荒れてしまいますので注意が必要です。処理後は保湿液を塗り、肌へのケアを行ってください。使用する保湿液は自身の肌質にあったものをチョイスしましょう。肌荒れが起こってしまった場合は、冷やして毛穴と肌をしっかりとひきしめましょう。

以上の手順をしっかり守り、やむを得ない時のムダ毛処理を行いましょう。そして何よりも、肌の露出が多くなってしまう時期にのみ処理することで、処理の機会を減らし、肌の負担を減らすことが現実的です。肌へのダメージは後々、重くのしかかってきます。