高度な脱毛法

脇脱毛本項では比較的高度で効果でありながら、脱毛効果を期待できる脱毛法についてご紹介します。まずは電気脱毛または針脱毛とも呼ばれているものです。端的に、極細の脱毛針を毛穴に挿入し、電流を流すことで毛生成細胞を熱的に処理する方法です。生成細胞そのものを処理するため脱毛効果は非常に高く、毛の質や肌質、部位を問わず処理が可能である反面、デメリットもあります。それは、痛みとお値段です。毛穴1つ1つを処理していくために、膨大な時間がかかり、施工費もかさみます。また、とても痛いことでも知られているため、施術前にはエステサロンまたは医療機関との綿密な打ち合わせと、目立たない部位への試行が重要です。

次はレーザー脱毛です。これは、毛の黒色(メラニン色素)に反応し、吸収されたレーザーが熱となって毛根を破壊する仕組みです。毛根を破壊するので、脱毛効果は高く、電気脱毛と比較して痛みも少ないとされています。

しかし、レーザー効果が得られるのは毛周期の限られた時期であるため、より高い脱毛効果を得るためには複数回の施術が必要となることと、施工することが可能なのは医療機関のみ、また、日焼けした肌などには皮膚が火傷してしまうために施術できないといったデメリットも存在します。